Composer(コンポーザー)を使う利点

Composerを使う理由は、以下の2点が挙げられる。

  • GitHubからのインストールが楽
  • 読み込み(require)が楽

GitHubからのインストールが楽

GitHubは、オープンソースのいろんなソフトウェアがたくさん公開されているサイト。

ただし、それらの関係性とかを理解していインストールするのは大変。

それを、Composerを使えば簡単に出来る

基本的に、

  1. コマンドプロンプトを起動して、
  2. 以下のコマンドで、インストール
composer require (作成者)/(ソフト名)

または、

composer require (作成者)/(ソフト名) "(バージョン)"

以上。簡単やな。

フォルダ構成

今、「lib」フォルダ内で、composerコマンドを実行したとする。

下は、PHP上のMarkdownパーサーである
Cebe Markdown(cebe/markdown)
Ciconia(kzykhys/ciconia)
PHP Markdown(michelf/php-markdown)
Parsedown(erusev/parsedown)
をインストールしたフォルダ構成。


│  
│  test.php
│  
└─lib ( ← このフォルダ内で、Composerコマンドを実行した)
    │  
    │  composer.jsoncomposer.lock
    │  
    └─vendor
        │  
        │  autoload.php
        │  
        ├─bin
        │      
        ├─cebe
        │  └─markdown
        │                  
        ├─composer
        │      
        ├─erusev
        │  └─parsedown
        │                  
        ├─kzykhys
        │  └─ciconia
        │                                  
        ├─michelf
        │  └─php-markdown
        │              
        └─symfony
            ├─console
            └─options-resolver

見て分かることは、「vendor」フォルダの中に、各ソフトウェアがインストールされとる。

一番下に、インストールしていない「symfony」というフォルダがあるが、これは「kzykhys/ciconia」が使うために、勝手にインストールされたものや。 (「kzykhys/ciconia」のインストールコマンドの結果を見ると書いてあるな。)

読み込み(require)が楽

使う時の利点は「読み込み(require)が楽」な点にある。

PHPから使う場合、そのファイルを読み込む(requireする)必要がある。

ただし、Composerを使えば、「/vendor/autoload.php」だけを読み込めばOK。必要なファイルは勝手に読み込まれる。

実際のインストール例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA