英語の旅行ガイドブックを活用する

旅行ガイドブック「ロンリープラネットLonely Planet)」(以降、ロンプラ)に対する私見です。

kato

「ロンプラ」とは?

英語で書かれた旅行ガイドブックのシリーズです。195ヵ国をカバーし、500ものタイトルが出版されています。英語圏の本屋で旅行コーナーに行くと、日本での「地球の歩き方」(以降、歩き方)のように、ロンプラがズラリと並んでいます。

amazon.co.jpで「ロンリープラネット」と検索すると日本語版もありますが、出版年が古すぎるので旅行ガイドとしては厳しいですね。

ということで、英語を読まざるを得ない。。。英語が苦手な方、大丈夫です。英語が苦手な方こそ、ロンプラを使ってほしいと思っています。

ロンプラの長所

圧倒的な情報の「多さ」「新しさ」「正確さ」です。分厚い本に小さい文字でビッシリと書き込まれています。なぜ、情報が多く、新しく、正確なのでしょうか? 以下、ロンプラの「著者」のページに書いてある英文をザックリと訳してみました。

なぜ、我々の旅行情報が世界一なのでしょうか?
簡単です、我々の著者が独立した献身的な旅行者たちだからです。
彼らは、インターネットや電話だけで取材をしません。
彼らは、金銭をもらって(特定のホテルやレストランなどを)よく書くことはありません。
彼らは、有名な観光地から路地裏まで広く旅します。
彼らは、何千ものホテル、レストラン、カフェ、バー、ギャラリー、宮殿、博物館などを個人として訪れています。
彼らは、細かいところまで全てを正しく理解し、それがどのようなっているかを伝えることにブライドを持っています。

巻末には著者の顔写真と経歴が掲載され、どの地域・分野を担当したか明記されており、著者の責任が明確です。歩き方は編集部の責任になっているので、責任が曖昧なのでしょう。また、自分たちの足と目で情報を集めるわけでなく、読者からの投稿などでアップデートしているのでしょう。(ただし、英語と日本語の市場規模が全く違いますので、予算も全く異なると思います)

歩き方は「先進国で」「旅行者が多いところ」は、まだ良いかもしれません。ただし、アジア以外の途上国、日本人個人旅行者があまり行かない地域の歩き方は酷いです。エジプトに行ったとき、歩き方は、信じられないくらい間違っていました。それ以来、歩き方を信じられません。

ロンプラの欠点

ただし、ロンプラにも 欠点があります。分厚くて重いのです。それを、解決する方法があります。オフィシャルサイトから電子版のロンプラを買うのです。

オフィシャルサイトは http://www.lonelyplanet.com/ です。「shop」から好きなタイトルを選びます。

選ぶときには、他のサイトの書評などを確認した方が良いかもしれません。また、中には5年前に書かれた本もあるので、出版日は必ず確認しましょう。

電子データ(EPUB, MOBI, PDFが全て含まれる)を買う場合は「eBook」を選びます。本と電子データの両方を購入したい場合は「Bundle」を選びます。クレジットカードで支払うと、リンクが表示されるので そこからダウンロードできます。

オフィシャルサイトから買う利点は、PDFを印刷できる点です。(バックパッカー以外の)普通の旅行では、訪れる地域は限定的なので、ガイドブック全部が必要なことは少ないでしょう。よって、行く予定の部分だけを印刷しておけば良いと思います。電子データはタブレットなどに入れておけば、旅行先でも確認できます。なお、ロンプラの字は小さいので、拡大して印刷しておいた方が使いやすいです。

旅行中、不要になった印刷ページは捨てます。これで重いロンプラを持って帰ってくる必要がなくなります。

次のページでは、ロンプラの読み方を説明します。